勝手に文字スタイルがあたるときの解決法

Wordを配置すると、ときどき、指定していない文字スタイルがあたるときがあります。

回避方法を探しました。

Wordを配置をします。

当たっている、文字スタイルに色をつけます。

文章を順に見ていくと、途中から、文字スタイルがあたっていないことがわかります。

ここでは、「。」と「こ」の間で件の文字スタイルが切れています。

Wordを開き、該当の箇所をコピーして、

1ページ目の1行目の頭にペーストします。

美しくない方法ですが、これで解決しました。

タブの「揃え文字」

タブの揃い文字は、便利です。

タブの揃え文字(行頭にタブを入れておく)

揃えタブに「先頭文字スタイルの終了文字」を使えば、一見ナニもないところで揃えることもできます。

揃えタブに「先頭文字スタイルの終了文字」を使う

字のオーバープリント

下の青い斜め線は、作字しました。

墨文字が隠れてしまったので、

「塗りオーバープリント」にチェックを入れます。

次に作字した文字に線を指定して、太くしました。

墨のカタカナが見えなくなりました。

「線オーバープリント」にチェックを入れます。

作字のアプリは、OTEditを使いました。