気づいたこと

段落スタイルの正規表現(もしかしてご存じなのかもしれませんが、 [ ] を使ってひとつにまとめます)

 2022-05-23 9.43.35.jpg

見出しの横罫線は、段落スタイルで設定できます。

ダーシの前後のアキは、段落スタイルで設定できます。

〈InDesign〉段落スタイルの正規表現(文字前後のアキ量)

目次のノンブルを横にする正規表現

〈InDesign〉目次のノンブルを横にする

タブの右揃え(お尻揃え)を段落スタイルに入れる

〈InDesign〉段落スタイルに右揃えのタブを入れる

下の文章にアンカーをつけます。

「段の上下境界線に収める」にチェックを入れると、本文の行数が増減してもページからはみ出しません。

キーワードのページが移動すると、それに伴って下の段もページ移動します。

〈InDesign〉下の段の文章にアンカーをつける(段の上下境界線に収める)

Wordの小テスト

Wordの小テストに挑戦してください。

下の表の番号順に作業をして、デザイナーに渡す入稿原稿として完成させてください。

この小テストの目的は、

①漏れなく、文字にスタイルをあてること

②英数字、かっこ等の半角全角を統一すること

③インデント、タブを正しく使えること です。

原稿が不完全ではInDesignで正しく組めないので、Word原稿の精度を上げます。

小テストは、

①表の「ヒント」を見ないで、ひと通り作業する(所要時間を教えてください)

②わからない箇所は、ヒントを参照してください(わからなかった箇所を教えてください)

③不明点は、「答え」を見てください(全体の所要時間は?)

順番   レイアウトの作業 ヒント 答え
1   40字×15行にする(横組み) 文字数と行数/印刷レイアウト 答え
2   ノンブルをつける ノンブル 答え
3   編集記号を表示する 編集記号 答え
4   行頭のスペースを削除する 文字列中央揃えをダブルクリックする 答え
         
         
    検索と置換の作業 ヒント  
5   半角のかっこ( )を全角に 記号類の半角⇄全角 答え
6   縦組み用に数字を整える(ふた桁数字だけを半角にする) 数字の半角⇄全角 答え
7   縦組み用に英語の全角と半角を整える 英語の半角⇄全角 答え
8   〔 〕と挟まれた文字を削除する 〔 〕と挟まれた文字 答え
         
         
    段落スタイルの作業① ヒント  
9   「本文段落スタイル(段落あり)」を作るか、スタイル「標準」を変更するか スタイルの変更 答え
新しいスタイルの作り方 答え
10   行頭に★印→大見出し(18pt、前2行、後2行アキ、紺色に) 答え
11   行頭に◆印→小見出し(12pt、前1行アキ、紫色に) 答え
12   [ ]と挟まれた文字を赤い字にする [ ]と挟まれた文字 答え
         
※以下、本文中の[ ]に挟まれた赤い文字に従ってください。
         
    段落スタイルの作業② ヒント  
13   お尻揃えの段落スタイル 右揃え 答え
14   箇条書きのスタイルを作る 新しいスタイルの作り方 答え
15   インデントのスタイル→10文字下げにする インデントのスタイル 答え
         
         
    文字スタイルの作業 ヒント  
16   緑色の文字を、スタイル「★下線」に 文字スタイル 答え
17   オレンジ色の文字を、スタイル「★黄色い蛍光ペン」に 答え
         
         
    そのほかの作業 ヒント  
18   タブを使って、整える タブ 答え
19   イラストを挿入する 答え
20   1行アキの箇所に、「■1行アキ■」と入れる ユーザ辞書を編集
21   [改ページ]の箇所で、改ページにする 改ページ

行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには

行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには、

①アンカーは、イラストより右側にすること(図の青い囲み部分。赤い箇所はダメ)

②オブジェクトスタイルの「段の上下境界線内に収める」にチェックを入れます。

動画です↓

〈InDesign〉オブジェクトは「段の上下境界線に納める」にして、アンカーはオブジェクトの前の行にする。

〈新版〉InDesign教室の目次

WordとInDesignのリンク動画
スタイルマッピング方式  
スタイル名をリンクする方式  
デザインされていないInDesignへWordを配置する
複雑なデザインは、エクセルを使います(オブジェクトも同時に配置)
InDesign
〈01〉新規ドキュメントを作る  
  プライマリーテキストフレームにチェックをいれない
  プライマリーテキストフレームにチェックを入れる
〈02〉マスターページに名前をつける  
  新しいマスターページの作り方とレイヤー
〈03〉  
  テキスト変数を使った柱
  小口側の柱
〈04〉ノンブル  
  ノンブルの変更
   
〈05〉段落スタイル(本文の段落なし/あり)  
  「基準」とは
  (Wordを配置すると付いてくる)不要な段落スタイルを削除する
〈06〉見出しの段落スタイルを作る  
  箇条書きの段落スタイルを作る
  〈段落スタイル〉段落境界線
  〈段落スタイル〉段落囲み系
  〈段落スタイル〉段落の背景色
〈07〉ほかのデータから、スタイルを読み込む(段落・文字・オブジェクトスタイル)
   
〈08〉単純な文字スタイルを作る  
  ベースライン、垂直比率、文字前のアキ等を組み合わせた文字スタイル
  90度回転する文字スタイル
     
     
〈09〉オブジェクト    
  テキストの回り込み
  サイズの調整
  オブジェクトスタイルの作り方(サイズと位置のオプション/アンカー付きオブジェクト)
  オブジェクトをライブラリに登録する
  検索と置換でオブジェクトを配置する
 

検索と置換でオブジェクトを配置し、同時に段落スタイルをあてる

  オブジェクトを検索と置換で文中に配置する
  図版スペースをオブジェクトとして、ライブラリに登録する
  キャプション(図版タイトル)とオブジェクトをグループ化して、ライブラリに登録する
   
   
〈10〉表  
  〈01〉原稿をコピペ、または配置する

 

〈02〉段落スタイル、セルスタイル、表スタイルを用意する

  〈03〉セルをあてる/段落スタイルを変更してみる
  〈04〉セルの指定/結合/結合しない/行・列の増減
  〈05〉セルの色/斜線
  〈06〉表の位置を調整する
  〈07〉線の太さを調整する
  〈08〉ヘッダーを作る
  〈09〉サイズを変更する
  〈10〉文字の左右中心揃え
  〈11〉前後のアキを調整する
  〈12〉行、列の増減
   
   
〈11〉目次 説明  
  動画  
   
   
そのほか  
  IllustratorのデザインをInDesignでトレースする方法
  行頭の中黒「・」を天地中心に揃える(文字組みアキ量設定)

     
     
〈納品前のチェック〉プリフライト  
〈納品データの作成〉パッケージ  
     
英数字の半角・全角
縦組み ふた桁数字だけ半角、ほかは全角(便利なスクリプトあり)
横組み ひと桁数字は、全角
ふた桁以上は、半角
Word
文字数と行数を設定する 横組み 縦組み
原稿の整理 縦書きのページの並びを右から左に(Windowsのみ)
自動で段落を下げる
行頭とお尻のスペースを削除する
不要な1行アキを削除する
箇条書きのタブを入れない
英数字の半角⇄全角変換
半角の()、ハイフン、スラッシュを全角に
すべての英語を全角にする
スタイルの作り方  
インデント  
タブ  
   
高度な検索と置換  
小テスト
文字スタイル編
箇条書き編
段落境界線編 ダミーの線が引いてあります。真似て、段落スタイルにしてください。
段落の囲み罫と背景色編
オブジェクト編  
表編 ①本文データの上半分に、②文字原稿を使って、③見本のような図版を作ってください。アンカーは、本文が数行増減してもいい位置に。
目次編 ①本文データの目次の段落スタイルを使って、②PDFのような目次を作成してください。答えは③です。
本文組みに挑戦
四六版/40字×15行/モノクロ  
使える書体はリュウミンとFOT筑紫ゴシックのみ
手順 ①画像類の解像度、色の変換
  ②図表を作る
  ③Word原稿を整える(スタイル、英数字、スペース等)
  ④本文デザインをする
  ⑤InDesignに配置する(細かく別名保存すること)
原稿の要素
スタイル見出し1 はじめに
はじめにの見出し
章題
見出し(4行取り)
スタイル見出し2 見出し(3行取り)
赤い字 囲み
青い字 背景に薄い網/インデント3字分下げ
紫の字 箇条書き  
空色の字 太いゴシック体  
黄色い蛍光ペン 下線
写真A 上半分の位置に
写真B 下半分の位置に
イラストC 本文に指示
イラストD 本文に指示
図表 4つの図表を1ページに収める