uchiの質問→テキスト変数に縦中横が当たらない。

バグです。

縦中横になりません。

下のスクリプトを試してください。

http://mottainaidtp.seesaa.net/article/456407256.html

記事では縦組みですが、オブジェクトスタイルで横組みにできる、と思います(ごめんなさい、試してないけど)

InDesignの目次作りの基本です。

10個のショート動画に分けました。

編集者でも、ぜひ見てください。

1〈その1●段落スタイルで目次の項目を指定する〉

目次を作るとき、見出し等の段落・文字スタイルを目印にします。

ここでは、ふたつの段落スタイルを流用します。

①新しい「目次スタイル」を作ります。

②タイトルは、目次の先頭行に入る文字です。空欄で構いません。

③目次にしたい見出しの段落スタイルを指定「追加」します。

InDesignの目次作り〈その1●段落スタイルで目次の項目を指定する〉

2〈その2●目次の詳細を指定する〉

先ほど作った目次スタイルを編集します。

①ページ番号の必要な項目は、ノンブルが行のお尻につく「項目後」を選びました。

②必要ない項目は、「番号なし」

③縦組みを指定します

InDesignの目次作り〈その2●目次の詳細を指定する〉

3〈その3●目次をページに配置する〉

①「目次…」→「OK」と進み、配置します。

※まだ、デザインされていません。見出しの段落スタイルが反映されているだけです。

InDesignの目次作り〈その3●目次をページに配置する〉

4〈その4●見出しが変更されても目次に反映されます〉

本文で修正が入っても、目次に反映されます。

①「目次の更新」を選択すると、文字修正が反映されます。

InDesignの目次作り〈その4●見出しが変更されても目次に反映されます〉

5〈その5●微調整します。Contentsを削除し、見出しを追加〉

見出しを追加することができます。

ここでは、文字数の多い見出しに特別なスタイルをあてていました。

追加します。

ついでに、Contentsの文字を削除しました。

InDesignの目次作り〈その5●微調整します。Contentsを削除し、見出しを追加〉

6〈その6●目次用の段落スタイルを作ります〉

目次のデザインをします。

①新しく、目次用の段落スタイルを作ります。

②ここでは、書体級数等の指定はしません。

InDesignの目次作り〈その6●目次用の段落スタイルを作ります〉

7〈その7●目次用の段落スタイルを変更します〉

目次の級数、行間、書体、色等を変更します。

※グリッドは「なし」です。

※あとで調整するので、ここではざっくりと指定します。悩みません

InDesignの目次作り〈その7●目次用の段落スタイルを変更します〉

8〈その8●目次に目次用の段落スタイルをあてる〉

目次用の段落スタイルをあてます。

選択範囲内で、検索と置換を使います。

InDesignの目次作り〈その8●目次に目次用の段落スタイルをあてる〉

9〈その9●ノンブルの調整/自動縦中横/タブ/文字スタイル〉

ノンブルの調整

②自動縦中横

③タブ

④文字スタイル

InDesignの目次作り〈その9●ノンブルの調整/自動縦中横/タブ/文字スタイル〉

10〈その10●リーダー罫線を入れる〉

InDesignの目次作り〈その10●リーダー罫線を入れる〉

使う機会の多い、見出しデザインその2

見出しの定型の語句が長いとき↓

下のデザインでは、味気ないです。

強制改行を使って2行にして、簡単な飾りを入れると、アクセントになります。

InDesignのスタイルの指定は↓

InDesignの見出し作り(基本1)

定型の語句を小さくします。

InDesignの見出し作り(基本2)

定型の語句に線を加えます。

InDesignの見出し作り(基本3)

調整します。

InDesignの見出し作り(基本4)

使う機会の多い、見出しデザインその1

定型の語句「目標、結果、反省」がある見出しのときは、

定型句を囲むと、アクセントになります。

さほど難しい作り方ではありません。

まず、適当に見出しを作ります。

InDesignの見出し作り(基本1)

見出し作りの参考→https://design44.dtp.to/dtp/9979/

「段落の背景色」を使います。

InDesignの見出し作り(基本2)

調整をします。

InDesignの見出し作り(基本3)

微調整です。

InDesignの見出し作り(基本4)

段取り囲み罫が2ページにまたがったとき、囲みが閉じてしまう問題。

段取り囲み罫が2ページにまたがったとき、下のように囲みが切れるといいのですが、

それぞれの囲みが閉じてしまうことがあります。

①下の位置の改行を消去して

②強制改行(Shift + Return)にします。

③字間が広がるので

右インデントタブを入れます。

解決しました。

見出しに目印を!

Word原稿には、見出しに目印をつけてもらえると助かります。

より早くより間違いなく、本文を組めます。

例えば、

大見出しの頭に、♦

中見出しの頭は、♦♦

小見出しの頭は、♦♦♦

あるいは、

大見出しの頭に、♦

中見出しの頭は、■

小見出しの頭は、▲

コラムやワンポイントアドバイス等、定型のキーワードがあるときは、記号の代わりにキーワードでもかまいません。

行頭に(コラム)

行頭に(ワンポイントアドバイス)

行頭に(Check!)

行頭に→ (黄色信号の発熱)

行頭に→ (赤信号の発熱)

記号があるとさらにわかりやすいです。

行頭に→ (コラム)

行頭に(ワンポイントアドバイス)

行頭に(Check!)

行頭に 黄色信号の発熱

行頭に 赤信号の発熱