〈Word〉スタイルを使い回しする方法

新しく作ったWordのスタイルを別の書類で使いまわすには、

①スタイルが当たった文字をコピペ

するのが簡単ですが、

②スタイルをテンプレートに追加すれば、新規の文書ではコピペしなくても流用できます。

新しいスタイルを作るときに(編集画面で)、「テンプレートに追加する」にチェックを入れます。

新しい文書で、スタイルを支えるようになります。

すでにある文書で、スタイルを流用するときは、

「構成内容変更」→

右側のスタイル名を指定して、「<ーコピー」をクリックします。

他の文書で流用できます。

InDesign教室10日目「Word」

Word原稿をInDesignに配置する前に、必ずチェっクして、スタイルを確認します。

そのために、Wordの知識が必要です。

高度な検索と置換

〈Word〉ルビをふると、行間が広がる問題

ルビをふると行間が広がるトラブルは、レイアウトで解決します。

ルビに影響されない、余裕のあるレイアウトにします。

下の動画では、40字×15行にしました。

※行数を確かめる「行番号」とノンブルも表示しました。

Wordの文字数と行数を指定→行番号とノンブルを表示

ルビをふっても行間は広がりません。

行間にゆとりがあるので、文字列との距離を離し、より読みやすくすることができます。

〈Word〉ルビをふり、文字列からの距離を広げる