• 英語[A-Za-z]→すべて全角に
  • かっこ()、<>→全角に
  • スラッシュ/→全角に
  • %→全角に
  • 線──→─(ダーシ)に
  • BtoBのtoだけ半角に
  • !!/!?
  • 縦組みの数字はInDesignのスクリプト

すべての文字にスタイルをあてる。

本文スタイルの行頭のスペースを削除する。

図版の位置を指定→文字スタイル「図版の位置」

コメント→スタイル「コメント」


①本文のスタイルをあてる。

②■1行アキ■アキを入れる。

③本文以外のアキ行を削除する

InDesign側

【スクリプト】縦組みは、数字変換スクリプト

【検索と置換】4行見出し数字を半角に(青色→半角)

【スクリプト】章で連結を切る

【ルビ】【】を手動で変換

【クリエ】■1行アキ■を1行アキに

【クリエ】URL、英文を半角に

小数点の中黒「・」

〈Word/InDesign〉ページが増減しても、常に扉が奇数ページになる方法

ページが増減しても、扉が常に奇数ページになる方法です。

Wordの設定から↓

  • 章題の段落スタイルは、InDesignでは柱用のテキスト変数になります
  • 章題の前後に、セクション区切り「次のページから開始」を入れる

InDesignでは、章題の段落スタイルの開始位置を「次の奇数ページ」にします。

  • 扉のデザイン要素は、アンカー付きオブジェクトにします
  • 章題の段落スタイルをテキスト変数にして、柱に反映させます
〈InDesign〉扉の段落スタイル「段落の開始位置」を「次の奇数ページ」にすると、楽チン!

ページが増減しても、扉は常に奇数ページです

注の番号を、スクリプトでルビとして入れる。

スクリプトはこちらからいただきました↓

http://mottainaidtp.seesaa.net/article/360652630.html

注の番号は2種類あります↓

【1】は、検索と置換で

ルビが当たる文字の前に記号の〓を挿入し、【】を《》に変換します。

【訳注2】は「訳注」をアスタリスク「*」に変更。

こんな感じ↓

このあと、スクリプトでルビに変換。

最後に、赤色の文字スタイルを編集して、ルビの位置を一括調整しました。