Ara担当の「相続」本文へIllustratorで作成した「罫線」を入れる

下の記事の続きです↓

上の記事では、文頭にマークをいれました。

ここでは、Illustratorで作成した罫線を行間に配置します。

〈1〉デザインのサイズに合わせて、Illustratorで罫線を作成します。

〈1〉デザインのサイズに合わせて、Illustratorで罫線を作る

〈2〉罫線を配置するフレーム用にオブジェクトスタイルを作成します。

〈2〉オブジェクトスタイルを作成する

〈3〉オブジェクトスタイルの「整列の開始位置」を左にしてから、罫線を配置します。

〈3〉配置位置を左にして、罫線を配置する

〈4〉配置した罫線をアンカー付きにして、スタイルを再定義する。アンカーを解除してから、ライブラリに登録。

〈4〉アンカー付きにして、スタイルを再定義。アンカーを外してライブラリに登録。アイテムを割り付け。

提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その1〉

〈1〉Illustratorで作成した罫線をInDesignに配置して、オブェクトスタイルを作成します。

〈1〉Illustratorの罫線を配置して、オブジェクトスタイルをあてる

〈2〉アンカー付きにして、オプションはカスタムに。軽く位置調整して(微調整は最後にします)、スタイルを作ります。

〈2〉アンカー付き→カスタム→位置調整→スタイルを再定義

〈3〉罫線のオブジェクトを解除し、ライブラリーに登録。アイテムの割り付け後、スタイルで位置を調整します。

〈3〉アンカーを解除→ライブラリに登録→配置→位置調整

続きは↓

提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その2〉

下の記事の続きです↓

〈1〉オブジェクトスタイルを「自動フィット」と「フレームに均等に流し込む」にします。

〈1〉自動フィット→フレームに均等に流し込む

〈2〉Illustratorで罫線のデザインを変更して、保存します。

〈2〉罫線のデザインを変更する

続き→見出しの頭にイラストを入れるのは簡単。

前回の記事の手順で段落スタイルを作れば、イラストを配置するのは簡単です。

〈1〉オブジェクトを配置して、サイズを調整する

〈1〉オブジェクトを配置して、サイズを調整する

〈2〉オブジェクトスタイルをあてる

〈2〉オブジェクトスタイルをあてる

〈3〉検索と置換で、1行見出しの頭にだけ、オブジェクトを配置する

〈3〉検索と置換で、1行見出しにのみ、オブジェクトを配置する

〈4〉オブジェクトスタイルで、見出しとのアキを調整する

〈4〉オブジェクトスタイルで、字間のアキを調整する

〈5〉2行用のオブジェクトスタイルを作る

〈5〉2行用のオブジェクトスタイルを作る

〈6〉2行の見出しの頭に、オブジェクトを配置する

〈6〉2行の見出しの頭にオブジェクトを配置する

〈7〉オブジェクトの位置を調整する

〈7〉オブジェクトの位置を調整する

〈8〉1行見出しのオブジェクトを版面の外に移動する

〈8〉1行見出しのオブジェクトを版面の外に移動する

〈9〉2行見出しのオブジェクトの位置を調整する

〈9〉2行見出しのオブジェクトの位置を調整する

Illustratorで作成した罫線を入れるのも簡単です↓

フレームをひとつにして、オブジェクトスタイルをあてます。

3つのフレームが使われています←影は無視しますね、今回。

①赤い四角

②数字

③見出し

44なら、ひとつのテキストフレームにまとめます。

オブジェクトスタイルをあてます↓

オブジェクトスタイルで「フレーム内マージン」の右側を指定します↓

見出しに文字を入れて、フレームのサイズ変更をします。

文字数が変わったとき、機械的に枠の左右幅を変更できます。迷いがなく、統一がとれます↓

見出しの枠をひとつにして、オブジェクトスタイルをあてる

色替えくらいなら、オブジェクトスタイルでできるし。

オブジェクトスタイルの検索と置換

uchiからの質問の回答です。

残念ながら、完全解決ではありません。

ページが変更されて、

左右のページが入れ替わりました↓

この不具合を解決します。

検索と置換で、オブジェクトスタイルを変更します。

「検索と置換」→「オブジェクト」で下の赤囲みをクリックします↓

次に、「スタイルの編集」→「オブジェクトスタイルあり」をクリック↓

オブジェクトスタイルを選べます↓

同様に「置換オブジェクト形式」も↓

これで、オブジェクトスタイルを置換できます。

ただ、残念ながらダーシ「─」の位置が変わりません。

そこで、次の記事を↓

不便→テキストフレームが多いとコピペがたいへん。〈09〉まとめ。

テキストフレームは、ひとつにまとめます。

ただし、版面からはみ出た文字のテキストフレームは本文に組み込めないので、オブジェクト扱いします。

オブジェクトは、記号「★」「◆」を使って、検索と置換で配置します←全ページ一括で処理できるため

記号を入れるので、原稿は下のようになります。

オブジェクトは必ず、オブジェクトスタイルを使います。

数字は入力しないで、スクリプトで自動化します。

改行で、行アキを調整しないこと。

行アキの調整は、段落スタイルの「段落前のアキ」か「段落後のアキ」を使うこと。

版面からはみ出した文字も本文のテキストフレームに取り込むことができます。