〈InDesign〉分数

44式の分数↓

〈InDesign〉簡単な分数の入れ方/書体級数の修正も簡単です

①分数の横線は、ダーシ「─」

②分数は、段落スタイルに登録

③分数は、オブジェクトスタイルに登録

④分数は、ライブラリに登録

行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには

行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには、

①アンカーは、イラストより右側にすること(図の青い囲み部分。赤い箇所はダメ)

②オブジェクトスタイルの「段の上下境界線内に収める」にチェックを入れます。

動画です↓

〈InDesign〉オブジェクトは「段の上下境界線に納める」にして、アンカーはオブジェクトの前の行にする。

InDesign教室3日目「オブジェクト」

オブジェクトを配置する。

テキストの回り込み

InDesignのテキストの回り込み

オブジェクトの配置&オブジェクトサイズの調整

InDesignのオブジェクトサイズの調整

オブジェクトスタイル(サイズと位置のオプション/アンカー付きオブジェクト)

オブジェクトスタイル(サイズと位置のオプション/アンカー付きオブジェクト)

オブジェクトをライブラリに登録する(InDesign)

オブジェクトをライブラリに登録する(InDesign)

検索と置換でオブジェクトを配置する

検索と置換でオブジェクトを配置する(InDesign)

検索と置換でオブジェクトを配置し、同時に段落スタイルをあてる

検索と置換でオブジェクトを配置し、同時に段落スタイルをあてる(InDesign)

オブジェクトを検索と置換で文中に配置する

オブジェクトを検索と置換で文中に配置する(InDesign)

図版スペースをオブジェクトとして、ライブラリに登録する

図版スペースをオブジェクトとして、ライブラリに登録する(InDesign)

キャプション(図版タイトル)とオブジェクトをグループ化して、ライブラリに登録する

キャプション(図版タイトル)とオブジェクトをグループ化して、ライブラリに登録する(InDesign)

〈勉強会〉Wordの編集について

英語は、検索と置換ですべて全角に。URLや英文は手作業で半角に。

イラストのサイズについては、

図版、イラストの番号をお忘れなく。

Wordにページ数を入れる。

Wordのインデントは、

インデント

図版スペースの指定は、

図版スペースを本文内に埋め込む

著者、デザイナーへのコメントは、

著者へのコメント

校正紙に残さないコメントは、

Wordのルビは、自動的にInDesignに反映されます。

Wordの改ページは、「次のページから開始」の方がいい。

デザイナーに原稿を渡す前に、Wordのスタイル漏れをチェックしてください。

Wordのスタイルがあたっているか、色を変えてチェックする。

ダブルクォーテーションは、置換します。

見出しの改行は、shiftを押しながらreturnです。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトのオプション→行の上→後ろスペースをマイナスの数値にします。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法

この記事を参考にしました↓

Wordに図版スペースと図版タイトルを入れると、InDesignに反映されます。

Wordに、図版スペースと図版タイトルを入れて、InDesignに反映させます。

Wordのボックスは、

「挿入」→「テキストボックスの作成 横書き」↓

「レイアウト」→「位置」↓

「行内」↓

一連の動画です。

横組みWordに図版スペースと図版タイトルを入れて、InDesignに反映させる

Wordで、文字とボックスの間隔を広げたいときは↓

図版のオブジェクトスタイルを作る

文字ツールで四角を描き、横幅を本文にあわせます。

01文字ツールで四角を描く→横幅を本文にあわせる

オブジェクトスタイルを作ります。

02オブジェクトスタイルを作る

図版のタイトルを入れます。

03図版のタイトルを入れる

手動でサイズを変更したときは、スタイル再定義をします。

04サイズを変更して、スタイル再定義。ほか変更

Wordを配置「スタイルを自動的に読み込む」

Wordのスタイルを活かして、InDesignに配置する方法です。

メリットは、

①ルビが反映され

②編集者のコメントも読み込まれ

③図版スペースも配置されます

Wordを配置するときは、下のようにチェックを入れてください。

「スタイルを自動的に読み込む」→「InDesignスタイルの定義を使用」

※あらかじめ、WordとInDesignのスタイル名を同じにしておきます。もし違っても、配置後に修正できます。

読み込んだあと、もし不要な文字スタイルがあたっていたら

不要な文字スタイルが当たっていないことを確認し、

①全行を選択し、段落スタイルのオーバーライドを消去

②1ページ目から、各「段落・文字スタイル」の文字色を変更し、全ての文字に段落スタイルがあたっているかチェックします。

図版スペースと欄外コメントについて。

①図版スペース、欄外コメントは、コピペして、オブジェクトスタイルをあてます