縦組みのなかの英語と数字について。

縦組みのなかの英語と数字の扱いです。

縦組みでは、

英語全角の方が圧倒的に多い半角はURLと英文だけなので少ない
数字ふた桁数字のみ半角ほかは、全角

上の表のように、英語は全角が多いので、

  1. すべての英語を全角にする
  2. URLと英文だけ、目視で半角にする

記事は↓

数字も英語と同じような考えです。

  1. 一度、すべての数字を全角にします
  2. 目視で、ふた桁数字を半角にします。

ふた桁数字の探し方は↓

Wordで半角→全角、その逆の文字種変換をするときは、ショートカットキーが便利です。

以下は、今回44が修正した半角になっていた英語等です。

一部です。

oh!の書籍を担当して(その1)

今回のoh!のWord原稿は、わかりやすかったです。

ずいぶん助かりました。

例えば、1行アキに記号印があります。

そして、それをコメント機能で知らせてくれました。

インデントで調整する箇所にも、コメント機能のメモ。

そして、台割り。

台割りは、

コメントを入れるより、実際に改ページを入れたほうが間違いなく伝わります。

台割りにあわせて改ページすると、編集者も正確にページ数がつかめます。

けちけちしないで、どんどん改ページしてください。

oh!の書籍を担当して(44の仕事風景)

サイズを加えた図版の指示のしかた

図版が配置される箇所には、

例えば、

・半分スペースなら【図版半】

・1ページサイズなら【図版全】

とサイズ付きで指示すると、わかりやすいです。

このとき、図版】の“”を前に持ってこないほうがいいです。

検索をするとき、“【図版”のほうが簡単だから。←意味、わかりますか?

不要なスペースの処理

Wordの原稿には、不要のスペースが多く含まれています。

44は、高度な検索と置換で記号「」に置き換えて、見える化します。

下のようにスペースが必要な箇所は、手作業でスペースを入力します。

それ以外の不要な箇所は、

検索と置換で、削除します。

この方法は、早くて間違いが少ないです。

スタイルの当て漏れを探せ

44は、編集者からWord原稿を受け取ると、最初に、スタイルの当て漏れがないか調べます。

すべてのスタイルに色をつけます。

例えば、本文は緑色↓

見出しは紫色↓

赤い字には下線を加えたり、

最後に、黒い文字が残ったら、スタイルの当て漏れです。

編集者が編集するときも、スタイルに色をつけたほうが、間違いが減ります。

縦組みのなかの英語

縦組みのなかの半角英語は、横向きになります。

全角英語にすると、

以下の英語は、全角に変換する必要があります。

数字はふた桁数字のみ、半角。

ひと桁、3桁以上は全角です。

Word原稿で、協調文字(太字/G体)を指定するときは、色付けが簡単です。

Word原稿で、協調文字(太字/G体)を指定するときは、色付けが簡単です。

例えば、太字は薄い青にするとか。

G体は、紫色にするとか。

注意点は、決めた色をほかの箇所で使わないこと。

青を太字と決めたら、絶対にほかで青を使わないこと。

紫色をG体にするなら、絶対にほかで紫色を使わないこと。

InDesignでは、この色を印にして、自動的に文字スタイルを当てます。

Wordで、ひと桁の数字だけを全角にする方法

Wordで、ひと桁の数字だけを全角に変換します。

〈味噌→〉英文のなかのひと桁数字は、選択されません。

高度な検索と置換の検索対象は、

[、-龠][0-9][、-龠]

検索結果は↓

「文字種の変換」で、

ひと桁の数字だけが、全角になりました。

英文中の数字は、変わっていません。

Wordのデータは、Openofficeで編集しないこと!

WordのデータをOpenofficeで編集すると、色の属性が消えることがわかりました。

Wordでは、文字に触ると、色パレットの該当色が細い罫線で囲まれます。


しかし、Openofficeで編集すると該当する色が表示されません。


これでは、高度な検索と置換が使えません。

というわけで、Openofficeで編集しないこと!