シンプルに、簡単に。

『しごとのきほん くらしのきほん 100(松浦弥太郎・著)』に

時間をかければ質が上がるというのは誤解です。

大切なのは、余計なことをしないこと。

「何をするべきか」ではなく「何をしないか」を考えること。

シンプルで簡単なほうが人と共有できるし、トラブルが起きた時の軌道修正もスムーズです。

「時間をかければ質が上がるというのは誤解です」とあります。

44も、“かけた時間”ではないと思います。

「大切なのは、余計なことをしないこと」とあります。

余計なことをしない、これが意外に難しく、ついつい書体をたくさん使ったり、飾りを増やしたり、色を増やしたり、無理やりスペースを埋めようとしたりしがちです。

そして、

「シンプルで簡単なほうが人と共有できるし、トラブルが起きた時の軌道修正もスムーズです」

ゴテゴテにデザインしすぎると、軌道修正できなくなります。

時間をかけたぶん、アイデアを盛り込んだぶん、修正したくなくなるし、整合性がとれなくなってゆく。

デザインするときは、シンプルに!

そう心がけるだけで、ずいぶん違ってきます。

整列の「マージンに揃える」

便利なんだけど、意外に使われていない気がします。

整列の「マージンに揃える」です。

整列「マージンに揃える002」
InDesignの整列「マージンに揃える」は、やっぱ便利って話。

使っていますか?

質問→「1」が離れてみえないフォントを探すには→英語フォントの探し方

英語フォントを探すには、フォントサイト「https://www.myfonts.com/」を使います。

無料のフォントを探すときは「Free」を選択し、

任意のカテゴリーをクリックし、

https://www.myfonts.com/

任意の文字を入力します。

画面の下に、表示されます。

英語フォントのサイトは、ほかにもたくさんあります。

質問→「1」が離れてみえないフォント→特定の語句で、パソコンの中の書体を一覧表示する方法

「1」が離れてみえないフォントを探すために、デザインに役立つ便利なWebサイトを紹介します。

Wordmark」は、パソコンの中の書体を一覧表示します。

https://wordmark.it/

任意の語句を入力すると、

パソコンにインストールされている書体で、一覧表示されます。

44はデザインにかかる前、必ずこのサイトで英語や数字を確認しています。

想像より目視です。

質問→太字だけをかっこで囲みたい

「高度な検索と置換」で太字の箇所を《 》で囲んだら↓

お尻の 》 が次の行に送られてしまう問題です。

この原因は、「改行」が太字になっているからです。

改行マークから太字指定を外すと、

正しく、置換されます↓

高度な検索と置換で、太字の改行を標準に変換できます。

その方法について、自分で考えてみてください。

ヒントは↓

“質問→太字だけをかっこで囲みたい” の続きを読む

DTPのリハーサル。

DTPの実践に入るまえに、リハーサルをします。

〈リハーサル1〉 テキスト加工

〈リハーサル2〉 検索と置換で本文組み

〈リハーサル3〉 検証し、傾向と対策をまとめる

注)リハーサルの1と2は、ひと工程ごとに別名保存をすること。ミスをしたときの保険です←重要。44も必ず保険をかけています。


リハーサルは、実際の仕事でも必ず行う工程です。

44は原稿を受け取ると、

  1. リハーサルを繰り返しながら、Word原稿を整えて、テキスト加工(InDesignで検索と置換がしやすいように)
  2. リハーサルを繰り返しながら、InDesignの「検索と置換」の手順を考える

一見、手間がかかるようですが、毎回同じ作業をするのではやくなります。

編集からもらった本物の原稿(新刊ではなく刊行済みのもの)を使ってください。

できれば、本文中の強調文字等があるもので。今回は図版なしで。

Wordのファイルは、全章をひとつのファイルにまとめてください。

編集者の原稿は完璧ではないので、リハーサルでは誤変換や変換漏れといった失敗がたくさん出ます。

失敗をあぶり出すためのリハーサルなので、気にしないでください。

失敗を見つけ出すためのリハーサルなので、修正しないこと。

どのような箇所がミスに繋がるかを検証して、「傾向と対策」をまとめます。

テキスト加工が終わったら、InDesign上で、「検索と置換」で本文組みをしてください。

このとき、変換されたことがひと目でわかるよう、さまざまな色をつけてください。

デザインや段落スタイル、文字スタイルは、本番のものを流用しても構いません。

必ず、検索と置換で。

ひと通り作業が終わったら、ミスを探して画面ショットにとってください。

そのコレクションを検証し、「傾向と対策」をまとめましょう。