使う機会の多い、見出しデザインその2

見出しの定型の語句が長いとき↓

下のデザインでは、味気ないです。

強制改行を使って2行にして、簡単な飾りを入れると、アクセントになります。

InDesignのスタイルの指定は↓

InDesignの見出し作り(基本1)

定型の語句を小さくします。

InDesignの見出し作り(基本2)

定型の語句に線を加えます。

InDesignの見出し作り(基本3)

調整します。

InDesignの見出し作り(基本4)

使う機会の多い、見出しデザインその1

定型の語句「目標、結果、反省」がある見出しのときは、

定型句を囲むと、アクセントになります。

さほど難しい作り方ではありません。

まず、適当に見出しを作ります。

InDesignの見出し作り(基本1)

見出し作りの参考→https://design44.dtp.to/dtp/9979/

「段落の背景色」を使います。

InDesignの見出し作り(基本2)

調整をします。

InDesignの見出し作り(基本3)

微調整です。

InDesignの見出し作り(基本4)

見出しに目印を!

Word原稿には、見出しに目印をつけてもらえると助かります。

より早くより間違いなく、本文を組めます。

例えば、

大見出しの頭に、♦

中見出しの頭は、♦♦

小見出しの頭は、♦♦♦

あるいは、

大見出しの頭に、♦

中見出しの頭は、■

小見出しの頭は、▲

コラムやワンポイントアドバイス等、定型のキーワードがあるときは、記号の代わりにキーワードでもかまいません。

行頭に(コラム)

行頭に(ワンポイントアドバイス)

行頭に(Check!)

行頭に→ (黄色信号の発熱)

行頭に→ (赤信号の発熱)

記号があるとさらにわかりやすいです。

行頭に→ (コラム)

行頭に(ワンポイントアドバイス)

行頭に(Check!)

行頭に 黄色信号の発熱

行頭に 赤信号の発熱

Ara担当の「相続」本文へIllustratorで作成した「罫線」を入れる

下の記事の続きです↓

上の記事では、文頭にマークをいれました。

ここでは、Illustratorで作成した罫線を行間に配置します。

〈1〉デザインのサイズに合わせて、Illustratorで罫線を作成します。

〈1〉デザインのサイズに合わせて、Illustratorで罫線を作る

〈2〉罫線を配置するフレーム用にオブジェクトスタイルを作成します。

〈2〉オブジェクトスタイルを作成する

〈3〉オブジェクトスタイルの「整列の開始位置」を左にしてから、罫線を配置します。

〈3〉配置位置を左にして、罫線を配置する

〈4〉配置した罫線をアンカー付きにして、スタイルを再定義する。アンカーを解除してから、ライブラリに登録。

〈4〉アンカー付きにして、スタイルを再定義。アンカーを外してライブラリに登録。アイテムを割り付け。

提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その1〉

〈1〉Illustratorで作成した罫線をInDesignに配置して、オブェクトスタイルを作成します。

〈1〉Illustratorの罫線を配置して、オブジェクトスタイルをあてる

〈2〉アンカー付きにして、オプションはカスタムに。軽く位置調整して(微調整は最後にします)、スタイルを作ります。

〈2〉アンカー付き→カスタム→位置調整→スタイルを再定義

〈3〉罫線のオブジェクトを解除し、ライブラリーに登録。アイテムの割り付け後、スタイルで位置を調整します。

〈3〉アンカーを解除→ライブラリに登録→配置→位置調整

続きは↓

提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その2〉

下の記事の続きです↓

〈1〉オブジェクトスタイルを「自動フィット」と「フレームに均等に流し込む」にします。

〈1〉自動フィット→フレームに均等に流し込む

〈2〉Illustratorで罫線のデザインを変更して、保存します。

〈2〉罫線のデザインを変更する

提案→見出しのデザインをするとき、サンプルを流用する。

提案です。

本文のデザインをするとき、「サンプルデザイン」の段落・文字スタイルを読み込んで流用しませんか?

読み込んだスタイルを基本にして、級数や書体等を変えて新しいデザインにします。

細かな設定を省けるので、時間が短縮でき、事故を減らせます。

もしかしたら、もうすでに導入されているかもしれないけど。

例えば、下のデザインをサンプルとします。

①1行の見出しで、ページの先頭

②1行見出しで、本文中

③2行見出しで、ページの先頭

④2行見出しで、本文中

が調整されています。

この段落スタイルを読み込みます。

そして、新刊の雰囲気にあわせて、デザインを変えます。

手間が減って、簡単です。

サンプルのデザインを流用する

見出しにイラストを配置するなら↓