〈見出し作りの基本〉1行見出しと2行見出しを同時に作り、2行見出しがページを跨がないようにする。

〈見出し作りの基本その1〉

1行見出しと2行見出しの段落スタイルを同時に作ると面倒がない

※グリッド揃え「仮想ボディの下」にしているので、

①行送りは変えられません。でも、おおむねOK!

②2行になる見出しの改行は、普通の改行でも強制改行でもOKです。

〈見出し作りの基本その1〉1行見出しと2行見出しの段落スタイルを同時に作ると面倒がない

〈見出し作りの基本その2〉

2行見出しがページを跨がないように、段落分離禁止オプションを指定する(段落中のすべての行を分離禁止)

〈見出し作りの基本その2〉2行見出しがページを跨がないように、段落分離禁止オプションを指定する(段落中のすべての行を分離禁止)

〈見出し作りの基本その3〉

見出しに、飾りの罫線をつけます

〈見出し作りの基本その3〉見出しに、飾りの罫線をつけます

〈行送りを指定したいとき〉

2行見出しの行送りを指定したいときは、グリッド設定を「なし」にして、段落スタイルを2行用と3行用に分けます。

見出しを行取り2行と3行に分けます

グリッド設定が「なし」なら、行送りを変更できます

グリッド設定が「なし」なら、行送りを変更できます

〈勉強会〉Wordの編集について

英語は、検索と置換ですべて全角に。URLや英文は手作業で半角に。

イラストのサイズについては、

図版、イラストの番号をお忘れなく。

Wordにページ数を入れる。

Wordのインデントは、

インデント

図版スペースの指定は、

図版スペースを本文内に埋め込む

著者、デザイナーへのコメントは、

著者へのコメント

校正紙に残さないコメントは、

Wordのルビは、自動的にInDesignに反映されます。

Wordの改ページは、「次のページから開始」の方がいい。

デザイナーに原稿を渡す前に、Wordのスタイル漏れをチェックしてください。

Wordのスタイルがあたっているか、色を変えてチェックする。

ダブルクォーテーションは、置換します。

見出しの改行は、shiftを押しながらreturnです。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトのオプション→行の上→後ろスペースをマイナスの数値にします。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法

この記事を参考にしました↓