行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには

行が増減しても、イラストが版面内に収まるようにするには、

①アンカーは、イラストより右側にすること(図の青い囲み部分。赤い箇所はダメ)

②オブジェクトスタイルの「段の上下境界線内に収める」にチェックを入れます。

動画です↓

〈InDesign〉オブジェクトは「段の上下境界線に納める」にして、アンカーはオブジェクトの前の行にする。

InDesign教室3日目「オブジェクト」

オブジェクトを配置する。

テキストの回り込み

InDesignのテキストの回り込み

オブジェクトの配置&オブジェクトサイズの調整

InDesignのオブジェクトサイズの調整

オブジェクトスタイル(サイズと位置のオプション/アンカー付きオブジェクト)

オブジェクトスタイル(サイズと位置のオプション/アンカー付きオブジェクト)

オブジェクトをライブラリに登録する(InDesign)

オブジェクトをライブラリに登録する(InDesign)

検索と置換でオブジェクトを配置する

検索と置換でオブジェクトを配置する(InDesign)

検索と置換でオブジェクトを配置し、同時に段落スタイルをあてる

検索と置換でオブジェクトを配置し、同時に段落スタイルをあてる(InDesign)

オブジェクトを検索と置換で文中に配置する

オブジェクトを検索と置換で文中に配置する(InDesign)

図版スペースをオブジェクトとして、ライブラリに登録する

図版スペースをオブジェクトとして、ライブラリに登録する(InDesign)

キャプション(図版タイトル)とオブジェクトをグループ化して、ライブラリに登録する

キャプション(図版タイトル)とオブジェクトをグループ化して、ライブラリに登録する(InDesign)

イラストレーターを配置すると、3ミリの断ち落としがない。

Illustratorで作成された本扉をInDesignに配置したら、3mmのドブが消えてました。

どのオプションを選んでも、

3ミリのドブがありません。

どうして?

と嘆いていたら、この記事を見た人が教えてくれました。

Illustratorのドキュメント設定の断ち落としが“0mm”だからだって↓

Illustratorの断ち落としがInDesignに反映されないときは……

〈勉強会〉Wordの編集について

英語は、検索と置換ですべて全角に。URLや英文は手作業で半角に。

イラストのサイズについては、

図版、イラストの番号をお忘れなく。

Wordにページ数を入れる。

Wordのインデントは、

インデント

図版スペースの指定は、

図版スペースを本文内に埋め込む

著者、デザイナーへのコメントは、

著者へのコメント

校正紙に残さないコメントは、

Wordのルビは、自動的にInDesignに反映されます。

Wordの改ページは、「次のページから開始」の方がいい。

デザイナーに原稿を渡す前に、Wordのスタイル漏れをチェックしてください。

Wordのスタイルがあたっているか、色を変えてチェックする。

ダブルクォーテーションは、置換します。

見出しの改行は、shiftを押しながらreturnです。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法です。

アンカー付きオブジェクトのオプション→行の上→後ろスペースをマイナスの数値にします。

アンカー付きオブジェクトと文字を重ねる方法

この記事を参考にしました↓