DTPのための基本作業Word編「スタイル作り→テキスト加工→スタイルを記号に置き換える→プレーンテキストに変換」

 

         
編集作業(Shimo)  
Wordのレイアウト  
  1ページの字数と行数を指定する(編集時にページ数がわかる) 記事→
         
Wordのスタイル作り  
  オリジナルスタイルの作り方 記事→
  強調、下線のスタイル 記事→
  見出しの行数が狂うとき 記事→
  箇条書きのインデント 記事→
  箇条書きのタブを削除 記事→
  罫線の使い方 記事→
  余計なスタイルを削除する 記事→
  「改ページする見出し」のスタイル 記事→
  オリジナルの見出しを流用する 記事→
       
注意! Word原稿の「校閲」→「変更履歴」→「変更履歴の記録」をオフにすること! 記事→
       
スタッフ作業(Shimo)  
テキスト加工  
  数字の全角、半角の統一  
    横組み→ ひと桁数字全角、ふた桁以上は半角 記事→
      数字を3桁区切りにする 記事→
    行頭の数字だけ半角を全角にする  記事→
    縦組み→  
  英語の全角、半角の統一  
    横組み→ すべて半角に 記事→
    縦組み→   
    特定の単語だけを全角(or 半角)にする 記事→
    各英単語の先頭文字を大文字にする 記事→
  かっこ()を全角に統一 記事→
    そのほか、[][]/〈〉<> 等々  
  ハイフンを統一  
  不要なスペースを削除 記事→
  行頭のスペースを削除 記事→
  ルーラーのインデントによってできるスペースを作らない方法 記事→
  不要な空白行を削除 記事→
  改ページする箇所に記号をつける→ Ω 記事→
  ルビ(大量にあるとき) 記事→
    ルビ(少ないとき) 記事→
     
Wordで、スタイルを記号に置き換える    必ず目を通してください→ 理由→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「高度な検索と置換編」 記事→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「スタイルの変更編」 記事→
  Wordで、強調、下線の文字をカッコで挟む 記事→
       
Wordをプレーンテキストに変換する 記事→

図版のオブジェクトスタイルを作る

文字ツールで四角を描き、横幅を本文にあわせます。

01文字ツールで四角を描く→横幅を本文にあわせる

オブジェクトスタイルを作ります。

02オブジェクトスタイルを作る

図版のタイトルを入れます。

03図版のタイトルを入れる

手動でサイズを変更したときは、スタイル再定義をします。

04サイズを変更して、スタイル再定義。ほか変更

Wordを配置「スタイルを自動的に読み込む」

Wordのスタイルを活かして、InDesignに配置する方法です。

メリットは、

①ルビが反映され

②編集者のコメントも読み込まれ

③図版スペースも配置されます

Wordを配置するときは、下のようにチェックを入れてください。

「スタイルを自動的に読み込む」→「InDesignスタイルの定義を使用」

※あらかじめ、WordとInDesignのスタイル名を同じにしておきます。もし違っても、配置後に修正できます。

読み込んだあと、もし不要な文字スタイルがあたっていたら

不要な文字スタイルが当たっていないことを確認し、

①全行を選択し、段落スタイルのオーバーライドを消去

②1ページ目から、各「段落・文字スタイル」の文字色を変更し、全ての文字に段落スタイルがあたっているかチェックします。

図版スペースと欄外コメントについて。

①図版スペース、欄外コメントは、コピペして、オブジェクトスタイルをあてます

勝手に文字スタイルがあたるときの解決法

Wordを配置すると、ときどき、指定していない文字スタイルがあたるときがあります。

回避方法を探しました。

Wordを配置をします。

当たっている、文字スタイルに色をつけます。

文章を順に見ていくと、途中から、文字スタイルがあたっていないことがわかります。

ここでは、「。」と「こ」の間で件の文字スタイルが切れています。

Wordを開き、該当の箇所をコピーして、

1ページ目の1行目の頭にペーストします。

美しくない方法ですが、これで解決しました。

Wordの「改ページ」は「セクション区切り」の方がいい

Wordの改ページは「セクション区切り」の「次のページから開始」の方がいいのではないかと。

「改ページ」をInDesignに配置すると、不要な改行が増えませんか?

「改ページ」の代わりに、「セクション区切り」の「次のページから開始」にすると、

不要な改行が増えませんでした。

Wordのルビは、InDesignに反映されます。

Wordのルビは、InDesignに反映されます。

Wordの縦書き文書で、数字を縦にする方法

Wordの縦書き文書で、数字を縦にする方法

Wordにルビをふると、行間が広くなります。レイアウトの余白と、行間を調整します。

Wordにルビをふると、行間が広くなります。レイアウトの余白と、行間を調整します。

Wordのルビは、InDesignに反映されます。

Wordのルビは、InDesignに反映されます。

第一回勉強会のおさらい

第一回勉強会のおさらいです。

最後に、次回に向けてお便りを募集します。

①ルーティンワークより、クリエイティブな時間を増やそう。

ついでに、残業を減らそう!

②時間を作るために、WordとInDesignをリンクさせる。

編集中に本文組みの「準備」をして、DTPは半自動化

半自動化のために、Wordのスキルをあげるべし

  • スタイル
  • インデント
  • 行間アキの調整
  • 英数字の全角半角の統一
  • 無駄なスペース、1行アキを削除 等々

次回は、より具体的に、仕事に直結する内容を目指します。

そのために、

  • 本文組みの疑問点
  • 不便に感じていること
  • あればいいのにと思う便利な機能
  • 進行中の仕事の問題点

等々、なんでもご連絡ください。

  • Wordのスタイルの使い方、作り方
  • インデントの使い方
  • 高度な検索と置換の例
  • InDesignの表の作り方(長田氏に直接説明した方がいい?)

また、希望があれば、「簡単で迷わない、デザインの仕方」も説明します。

石澤のデザイン方法は、効きます!

……と、思います。