DTPのための基本作業Word編「スタイル作り→テキスト加工→スタイルを記号に置き換える→プレーンテキストに変換」

 

         
編集作業(Shimo)  
Wordのレイアウト  
  1ページの字数と行数を指定する(編集時にページ数がわかる) 記事→
         
Wordのスタイル作り  
  オリジナルスタイルの作り方 記事→
  強調、下線のスタイル 記事→
  見出しの行数が狂うとき 記事→
  箇条書きのインデント 記事→
  箇条書きのタブを削除 記事→
  罫線の使い方 記事→
  余計なスタイルを削除する 記事→
  「改ページする見出し」のスタイル 記事→
  オリジナルの見出しを流用する 記事→
       
注意! Word原稿の「校閲」→「変更履歴」→「変更履歴の記録」をオフにすること! 記事→
       
スタッフ作業(Shimo)  
テキスト加工  
  数字の全角、半角の統一  
    横組み→ ひと桁数字全角、ふた桁以上は半角 記事→
      数字を3桁区切りにする 記事→
    行頭の数字だけ半角を全角にする  記事→
    縦組み→  
  英語の全角、半角の統一  
    横組み→ すべて半角に 記事→
    縦組み→   
    特定の単語だけを全角(or 半角)にする 記事→
    各英単語の先頭文字を大文字にする 記事→
  かっこ()を全角に統一 記事→
    そのほか、[][]/〈〉<> 等々  
  ハイフンを統一  
  不要なスペースを削除 記事→
  行頭のスペースを削除 記事→
  ルーラーのインデントによってできるスペースを作らない方法 記事→
  不要な空白行を削除 記事→
  改ページする箇所に記号をつける→ Ω 記事→
  ルビ(大量にあるとき) 記事→
    ルビ(少ないとき) 記事→
     
Wordで、スタイルを記号に置き換える    必ず目を通してください→ 理由→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「高度な検索と置換編」 記事→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「スタイルの変更編」 記事→
  Wordで、強調、下線の文字をカッコで挟む 記事→
       
Wordをプレーンテキストに変換する 記事→

縦組みのなかの英語と数字について。

縦組みのなかの英語と数字の扱いです。

縦組みでは、

英語全角の方が圧倒的に多い半角はURLと英文だけなので少ない
数字ふた桁数字のみ半角ほかは、全角

上の表のように、英語は全角が多いので、

  1. すべての英語を全角にする
  2. URLと英文だけ、目視で半角にする

記事は↓

数字も英語と同じような考えです。

  1. 一度、すべての数字を全角にします
  2. 目視で、ふた桁数字を半角にします。

ふた桁数字の探し方は↓

Wordで半角→全角、その逆の文字種変換をするときは、ショートカットキーが便利です。

以下は、今回44が修正した半角になっていた英語等です。

一部です。

oh!の書籍を担当して(その1)

今回のoh!のWord原稿は、わかりやすかったです。

ずいぶん助かりました。

例えば、1行アキに記号印があります。

そして、それをコメント機能で知らせてくれました。

インデントで調整する箇所にも、コメント機能のメモ。

そして、台割り。

台割りは、

コメントを入れるより、実際に改ページを入れたほうが間違いなく伝わります。

台割りにあわせて改ページすると、編集者も正確にページ数がつかめます。

けちけちしないで、どんどん改ページしてください。

oh!の書籍を担当して(44の仕事風景)

サイズを加えた図版の指示のしかた

図版が配置される箇所には、

例えば、

・半分スペースなら【図版半】

・1ページサイズなら【図版全】

とサイズ付きで指示すると、わかりやすいです。

このとき、図版】の“”を前に持ってこないほうがいいです。

検索をするとき、“【図版”のほうが簡単だから。←意味、わかりますか?

不要なスペースの処理

Wordの原稿には、不要のスペースが多く含まれています。

44は、高度な検索と置換で記号「」に置き換えて、見える化します。

下のようにスペースが必要な箇所は、手作業でスペースを入力します。

それ以外の不要な箇所は、

検索と置換で、削除します。

この方法は、早くて間違いが少ないです。

スタイルの当て漏れを探せ

44は、編集者からWord原稿を受け取ると、最初に、スタイルの当て漏れがないか調べます。

すべてのスタイルに色をつけます。

例えば、本文は緑色↓

見出しは紫色↓

赤い字には下線を加えたり、

最後に、黒い文字が残ったら、スタイルの当て漏れです。

編集者が編集するときも、スタイルに色をつけたほうが、間違いが減ります。

縦組みでの英語の扱い(その1)

下のWord原稿を

InDesignに配置すると、

縦組みの書籍は全角の英語が多いので、作戦としては、すべての英語を全角にします。

検索対象は、 [A-Za-z]

※半角入力です。

半角の英語が表示されます。

これを文字種の変換で、全角にします。

次に、全角のhttpを検索し、

表示された箇所を、

手で、必要な箇所を選択し、

半角にします。

半角にしました。

下のような英文はそんなに多くはないので、目視で半角にします。

Wordでふた桁の数字を検索する。

Wordでふた桁の数字を検索する──、ことができません、44は。

そこで、美しくない方法です。

検索は、[!0-9][0-9][0-9][!0-9]

ふた桁の数字のあたりが表示されるので、手作業で、半角に変換します。

下のサイトが参考になるのですが、検索例を真似て

<[0-9]{2}>

としても、選択されませんでした。

http://office-qa.com/Word/wd211.htm

縦組みでの数字の扱い(その1)

下のWord原稿を

InDesignに配置します。

文字がひっくりかえったり、ふた桁文字が縦に並びます。

縦組みでの数字は、

①ふた桁数字だけ、半角にする

②それ以外は、全角にする

そこで、一度、すべての数字を全角にします

検索対象は、[0-9]

※半角で入力してください

すべての半角数字が選ばれます。

文字種の変換で、全角にします。

すべての数字が全角になりました。

ふた桁の数字だけ、目視で半角にしてください。

面倒ですが、見落とすとしたら、ふた桁数字だけになります。

InDesignでは、下のように表示されます。

〈注意!〉小数点は、中黒「・」です。

残念ながら44は、ふた桁数字を美しく検索することができませんが、あたりをつけることができます。

下の記事です。

人に迷惑をかける仕事術

44の失敗談です。

oh!へ送った質問を、二箇所に分けて書いてしまいました。

①Aの箇所で質問し

②Bの箇所に追加文

これは、わかりにくいです。

案の定、oh!はBに気づきませんでした。

みなさんも気をつけてください。

修正やコメント等は、なるべく1箇所にまとめること。

決して、メール、原稿、ゲラ、PDF等、とっちらかさないこと。

わかりにくくて、迷惑をかけます。