DTPのための基本作業Word編「スタイル作り→テキスト加工→スタイルを記号に置き換える→プレーンテキストに変換」

 

         
編集作業(Shimo)  
Wordのレイアウト  
  1ページの字数と行数を指定する(編集時にページ数がわかる) 記事→
         
Wordのスタイル作り  
  オリジナルスタイルの作り方 記事→
  強調、下線のスタイル 記事→
  見出しの行数が狂うとき 記事→
  箇条書きのインデント 記事→
  箇条書きのタブを削除 記事→
  罫線の使い方 記事→
  余計なスタイルを削除する 記事→
  「改ページする見出し」のスタイル 記事→
  オリジナルの見出しを流用する 記事→
       
注意! Word原稿の「校閲」→「変更履歴」→「変更履歴の記録」をオフにすること! 記事→
       
スタッフ作業(Shimo)  
テキスト加工  
  数字の全角、半角の統一  
    横組み→ ひと桁数字全角、ふた桁以上は半角 記事→
      数字を3桁区切りにする 記事→
    行頭の数字だけ半角を全角にする  記事→
    縦組み→  
  英語の全角、半角の統一  
    横組み→ すべて半角に 記事→
    縦組み→   
    特定の単語だけを全角(or 半角)にする 記事→
    各英単語の先頭文字を大文字にする 記事→
  かっこ()を全角に統一 記事→
    そのほか、[][]/〈〉<> 等々  
  ハイフンを統一  
  不要なスペースを削除 記事→
  行頭のスペースを削除 記事→
  ルーラーのインデントによってできるスペースを作らない方法 記事→
  不要な空白行を削除 記事→
  改ページする箇所に記号をつける→ Ω 記事→
  ルビ(大量にあるとき) 記事→
    ルビ(少ないとき) 記事→
     
Wordで、スタイルを記号に置き換える    必ず目を通してください→ 理由→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「高度な検索と置換編」 記事→
  Wordで、スタイルの文頭に記号に入れる「スタイルの変更編」 記事→
  Wordで、強調、下線の文字をカッコで挟む 記事→
       
Wordをプレーンテキストに変換する 記事→

表作りは、InDesignが便利です。

InDesignで表を作ると、サイズ変更が簡単です。

  1. 表のサイズに合うように、ガイドラインをひきます
  2. テキストフレームで、四角を書きます(サイズ変更は簡単なので、適当に)
  3. Excelのデータを配置します
  4. 文字数にあわせて、左右幅を調整(大雑把に)
  5. 網や文字の色を変更します(デザインは、あらかじめ登録済みです)
  6. 表全体のサイズを変更します
表の作成(Excelデータを読む)

表の項目が増えても、サイズ変更は簡単です。

表全体のサイズを調整するとき、一度すべての「行の高さ」を同じにしてから、「最小限度」に調整します。

表の項目が1行増えても、サイズ変更は簡単です。InDesignの話

表の項目を1行減らしても、サイズの調整は簡単です。

表の項目を1行減らす

列を増やします。

増やした列を「連番」にすると、行が増減しても、連番は乱れません。

InDesignの表の列を増やす(連番にする)

連番の指定はわかりにくいので、メモ↓

列全体に段落スタイルをあて

列にカーソルを立ててから、「ここまでインデント」を挿入。

残りは、各セルに、見えない文字をコピペします。

新しい原稿がきたとき

新しい原稿をざっと見るとき、以下の点に注意してください。

軽くでいいですから。

  1. 英語と数字の全角と半角の扱い
    ・英語は、URLや英文以外は全部全角とする、とか
    ・数字は、ふた桁のみ半角にする、とか
  1. 見出しの扱いとか
    ・大中小の区別
    ・キーワード付きの見出しかどうか(デザインに反映するか、否か)

  1. イラストが必要か
    ・原稿にあるイラストや写真は、使えるのか(著作権的にアウトだったり、解像度が低かったりすることがあるので、早め早めの対応をしたい)

  1. 以前は、どうなところでミスをしたか、とか

軽く頭に入れて、原稿をさらっと見てください。

気になったことをメモして、44に教えてください。

44も似たようなことを考えながら、原稿をさらっと見ますから。

表に連番を入れる方法

uchiの発見した表組みの連番を試してみました。

InDesignの表に連番を入れる。

使える技でした!

ありがとう!

下は、uchiの解説です。

段落スタイルの「箇条書き」を使って、表組みに自動連番を入れることができるというツイートを見かけたのですが、これがなかなか便利だったので共有します!

設定は上の画像のような感じで、「^#」が数字に当たる文字みたいです。

それを使って作成した表がこの連番です。箇条書きは文字を入れないといけないため、「先頭文字スタイルの終了文字」を入れています。

赤いセルをコピーして、下にペーストをしていくと連番として使えました。11以降もまる数字が出たので長いものでも使えそうです!

また、「option+ドラッグ」を使うことで、同じ行高のセルを増やすことができるのもuchiは今日はじめて知りました……残念ながら表の中身は持ってきてくれないようなので、増えた分はまたコピペをする必要がありそうです。

応用として、「1-^#」などを入れれば、「1-①」などのように使うこともできました。作図の際などにかなり使えそうです!