配置するオブジェクトは、アートボードツールぎりぎりの大きさにすると、調整しやすい。

本文中に配置するイラストレーターは、アートボードぎりぎりの大きさにすると、InDesign上で調整しやすいです。

下の配置例は、

①フレームとオブジェクトの枠が揃っていない。

②枠が大きい

イラストレーターのデータは、ぎりぎりまでアートボードを小さくします。

InDesignに配置します。

オブジェクトが少々揃っていなくても

オブジェクトを選択して、

文字スタイルをあてれば、

簡単に調整できます。

ベースラインも字間も正確に調整できます。

InDesign特有の意味不明な事故も防げます。

“配置するオブジェクトは、アートボードツールぎりぎりの大きさにすると、調整しやすい。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)