初校を早く出す方法

本文組みの「準備」をすると、早く初校を出せます。

イメージは↓

説明します。

例えば、著者から原稿が入って、編集に7日間かかるとします。

次に本文組みの作業が7日かかるとすると、初校出しは14日後。

大雑把に言うと、そんなスケジュールです。

スケジュールを短くするために、編集作業中に本文組みの「準備」をします。

これで4日間ほど短縮し、さらに

入念な準備をすることによって、本文組みの作業時間を3日減らしました。

モノによっては、著者が脱稿してから8日間で初校だしできます。

実際、「赤ちゃん」は1日で初校を出しました。


必要なのは、

①本文デザインが決まっていること

②見出しや本文の強調文字に印をつけること

③図版は本文より早めに原稿を

“初校を早く出す方法” への2件の返信

  1. OK!
    準備をきちんとするのが大切ですよね。私も仕事は段取り8割だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)