Wordを配置「スタイルを自動的に読み込む」

Wordのスタイルを活かして、InDesignに配置する方法です。

メリットは、

①ルビが反映され

②編集者のコメントも読み込まれ

③図版スペースも配置されます

Wordを配置するときは、下のようにチェックを入れてください。

「スタイルを自動的に読み込む」→「InDesignスタイルの定義を使用」

※あらかじめ、WordとInDesignのスタイル名を同じにしておきます。もし違っても、配置後に修正できます。

読み込んだあと、もし不要な文字スタイルがあたっていたら

不要な文字スタイルが当たっていないことを確認し、

①全行を選択し、段落スタイルのオーバーライドを消去

②1ページ目から、各「段落・文字スタイル」の文字色を変更し、全ての文字に段落スタイルがあたっているかチェックします。

図版スペースと欄外コメントについて。

①図版スペース、欄外コメントは、コピペして、オブジェクトスタイルをあてます

“Wordを配置「スタイルを自動的に読み込む」” への1件の返信

  1. OK!
    これは本当に便利だったので、古川さんの原稿の際にチャレンジしてみます!
    他の編集の皆さんも、このくらい整えていただけると大変助かるのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)