99とmieのInDesign教室2日目「スタイル」

前回のおさらい

InDesignはトラブルに悩まされます。

では、トラブルの主たる原因は?

新しいドキュメントを作る。

プライマリーテキストフレームにチェックを入れる。

Wordを配置して、「プライマリーテキストフレーム」の働きを知る

フレームグリッドを設定する。

段落スタイル「本文(段落なし)」を作る。

段落スタイル「本文(段落あり)」を作ります。

基準とは、

段落スタイルの基準を変更すると

インデントを指定する。

段落スタイルを複製します。

スタイル名「箇条書き」

左/インデント→14Q(本文の級数を単位付きで入力)

1行目インデント→−(マイナス記号)14Q(本文の級数を単位付きで入力)

箇条書きのスタイルをあてます。

まれに、行間が広くなることがあります。

段落スタイルに「オーバーライド」マーク「+」が付いています。

オーバーライドを消去をクリックします。

問題

問題1

問題2

問題3

段落スタイル「1行の見出し」を作る(行取り2行)

+マークをクリック

段落スタイル「1行の見出し」を作る(段落前のアキ1行)

ページの先頭行では、段落前のアキはありません

段落スタイル「2行の見出し」を作る。

見出しの上に1行アキができたら、
行送りの基準位置を「仮想ボディの上/右」に

文字スタイルを作る。

文字スタイルを段落スタイルに設定する(正規表現スタイル)

段落スタイルのなかに、「正規表現スタイル」というものがあります。

文字スタイル「数字(見出し頭)」を設定します。

テキストの「^\d」の意味は↓

^段落の頭
\d数字

文字スタイルは手動で指定しなくても、自動的に適用されます。

数字をふた桁にすると、

ひと桁目の数字に文字スタイルがあたりません。

正規表現スタイルのテキストを変更します。

+ひとつ以上、という意味です

2桁とも、文字スタイルがあたりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)