初顔合わせに用意したWordとInDesignの動画「とりあえず感動してから」

WordとInDesignのリンクです↓

データ結合01

データ結合02(検索と置換で記号を改行に)

データ結合02(ページ内に複数レイアウト)

データ結合02(ページ内に複数レイアウト/作成手順/微調整)

自動ナンバリング01

自動ナンバリング02(作成手順)

 

検索と置換

記号と括弧だけで、段落スタイルと文字スタイルをあてる

効率の良いDTPを目指すために、括弧の使い方を社内で統一すると↓


ナニが行われているかというと↓

オブジェクトをライブラリーに登録すると、使い回しができます。
※デザインを流用するというより、大きさ(面積)を使い回す

一括変換の例《検索と置換のスクリプト》

検索と置換をクエリとして記録し、スクリプトで見出し類を一括変換

 

一括変換の例《検索と置換の正規表現》

検索と置換の正規表現で、見出し類を一括変換

 

正規表現の例

記号を目印に、文字スタイルをあてる

[]で挟まれた文字に、文字スタイルをあてる

任意の箇所に文字やタブを挿入する①

任意の箇所に文字やタブを挿入する②

任意の文字にだけ、文字スタイルをあてる方法

問題集の重要度を表す星印に色をつけ、右端へ移動。

アンカー付きオブジェクトを変更する

4桁の数字だけ選ぶ

任意の箇所に、スペースを挿入

[]に囲まれた不揃いのスペースを統一する

mac、MAC、maC、mAc→Macに統一

見出しの改行を削除し→タブを挿入後→一括変換

 

段落スタイルの先頭文字スタイル①

段落スタイルの先頭文字スタイル②

段落スタイルの正規表現スタイル

段落スタイルの次のスタイル

文頭の第○章を検索

原稿の順番を入れ替える

東京の電話番号だけを検索

①タブを全角スペースにし、 ②改行を/にして ③行を繋げる

修正に手間をかけないTips

バックの網を表組みで作ると、行数に連動して表組みが拡大縮小する

オブジェクトスタイルを使う

見出しと柱を連動させる

“初顔合わせに用意したWordとInDesignの動画「とりあえず感動してから」” への2件の返信

  1. 動画全部拝見しました。もはや美しい領域ですね……はやくここまでたどり着きたいです。

  2. この動画は、会社で初会合したときにプレゼンしたものです。
    紹介されているテクニックは、新しいものではありません。
    古くは10年以上前からあります。
    しかし、社内ではAra以外誰も知りませんでした。
    漫然と日々仕事に追われているだけだと、10年経っても井の中の蛙です(転職できませんよ!)
    小さなことから少しずつ、皆で情報を共有して、スキルアップを目指します。
    目的は、
    ①単純作業等の手間を省き→時間短縮
    ②ケアレスミスを少なくし→時間短縮
    つまり、時間短縮です。
    貴重な時間は、クリエイティブなことに使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)