改行する見出しのデザインをしながら、段落スタイルを作る方法。

改行する見出しの段落スタイルの作り方です。

赤い字が、見出しになります。

それぞれに、段落スタイルをあてます。

このときは、本文と同じ級数書体です。

見出しのスタイルはふたつとも、文字組みは段落下げのないものを選びます。

ここでは、「なし」を選択しました。

グリッド揃えは、「なし」。

揃えは、「左/上揃え」です。

大雑把に、級数を変えます。

行間を調整します。

大事なこと→改行するときは、Shift + return (enter) です。

このあと、級数や書体等の調整をしてください。

“改行する見出しのデザインをしながら、段落スタイルを作る方法。” への2件の返信

  1. shift+enterをやってみて、疑問に思った箇所があるので質問です。
    画像のように2行見出しで作ったものを改行すると4行に増えてしまいます。
    行取りを変えてしまえば他の1行のものがずれてしまったりと、
    どうしたらいいかわからなくなりました。

    編集の方から「2行で」と指定されていた場合、
    ・1行で収まるときの、2行取りの大見出し
    ・2行になるときの、1行取りの大見出し
    の2つの段落スタイルを作る方法しか浮かばないのですが、
    他に何か方法はありますか?

    あまりそこまで指定をしてくる編集さんはいないのですが、
    今回はWordでまず行数とページ数を決めてからの流し込みだったので、もし解決策があればご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)