実践、表の作り方〈02〉セルスタイルと表スタイル

まず、ひとつだけセルを作ります。

「セル基準」という名前にしました。

段落スタイルは、「黒_左」にして↓

余白は、適当に1ミリ←いつでも変更できるので、テキトーです。

線幅もテキトーです(0.3ポイントにしたつもりなんだけど、なぜか3.6ptに……)↓

基準になるセルスタイルを用意したら、次に表スタイルを作ります。

さきほどの「セル基準」を指定して↓

セルと表の線の区別が付きにくいので、線の設定を1ポイント/青にします。

しかし、ここで指定した線は表に現れません(この記事の最後〈疑問〉で解答します)

試しに、文字なしで表を作成します↓

文字のない表を作る

実験で、セルの基準の線を変更してみます。

セルの基準を変更してみる

〈疑問〉表スタイルの境界線は、どこに引かれているのか?

セルを指定しないときに、境界線が現れます↓

表スタイルのセルを変更すると、境界線が見えます。

続きは↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)