提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その1〉

〈1〉Illustratorで作成した罫線をInDesignに配置して、オブェクトスタイルを作成します。

〈1〉Illustratorの罫線を配置して、オブジェクトスタイルをあてる

〈2〉アンカー付きにして、オプションはカスタムに。軽く位置調整して(微調整は最後にします)、スタイルを作ります。

〈2〉アンカー付き→カスタム→位置調整→スタイルを再定義

〈3〉罫線のオブジェクトを解除し、ライブラリーに登録。アイテムの割り付け後、スタイルで位置を調整します。

〈3〉アンカーを解除→ライブラリに登録→配置→位置調整

続きは↓

“提案の続き→罫線付き見出しでも、サンプルを流用できます〈その1〉” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)