WordのスタイルをInDesignのスタイルに反映させる(蛍光ペンを使わない場合)

Word原稿のすべての文字に、オリジナルのスタイルをあてます。

オリジナルのスタイルは、名前の頭に目印「★か☆」をつけました。

注)★→InDesignでは段落スタイルになります。

注)☆→InDesignでは文字スタイルになります。

InDesignで、あらかじめ段落・文字スタイルを用意します。

①スタイル名はWordと同じ名前です(スタイルを作るときの注意点→https://design44.dtp.to/dtp/10331/)

②このスタイルは、ほかの書籍でも流用できます。

InDesignに、Wordを配置します。

「グリッドフォーマットの適用」のチェックを外すのを忘れないように。

WordのスタイルをInDesignのスタイルに反映させる。

WordとInDesignのスタイルがリンクしなかったときは、スタイルの横にマークがつきます。

マークのついたスタイルを調整します。

Wordから来た文字スタイルを調整する。

Wordに改ページを入れたほうが、便利です。

でも、ひとつ余分な改行が増えるので、削除します。

Word原稿に改ページを入れると、InDesignで改行が増えるので削除する。

InDesignにWord原稿を配置すると、色がついてきます。

不要なので消します↓

Wordの蛍光ペンは、マクロがわからないので未解決事案ということで。

すみません。

2022年の宿題にします。

“WordのスタイルをInDesignのスタイルに反映させる(蛍光ペンを使わない場合)” への2件の返信

  1. OK!
    スタイル名を同じにすれば、マッピングしなくても良かったのですね。ここまでいっきにできると、その後は微調整で済むので初校がとても早くできると思いました!
    今回のスタイルもそうですが、Wordの段階で原稿を整えるのが本当に大事ですね。

    1. 「Wordの段階で原稿を整えるのが本当に大事ですね」
       ↑
      本当にそう思います。
      最初に苦労するとあとが楽になり、テキトーに始めると、いらぬ苦労が倍々で増えるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)