【ピンチ!】必要ない特色がたくさん隠れていた! InDesignとIllustratorから、不要な特色を消す方法です。

縁あって、ほかのデザイナーの仕事を引き継いだら、InDesignに不要な特色が混ざってました。

2色印刷なのに、3色もあるぞ。イラストレーターの図版やInDesignのあちこちに、大量に。

明日、納品だというのに、どうしたらいいのでしょう?

必要のない特色を消す方法、Illustrator編とInDesign編です。

まず、InDesign編(本当はInDesignだけで解決できるのですが、Just in case)。

分版を開きます。

色分解を表示すると、「特色/アカ」なるものがいました。

こいつが犯人です。

スウォッチ設定を開きます。

カラータイプを「特色」を

「プロセス」に変更します。

犯人の「特色/アカ」が消えました↓

これで解決!

でもですね、必要ない作業だけれども、あえて説明しますが、念のためにIllustrator編。

図版から、必要のない特色を消す方法です。

まず、犯人探しです。

分版を開きます。

色分解を表示すると、犯人の「特色/アカ」で出てきました。

左の目のマークをクリックして、「特色/アカ」だけを表示します。

ページでは、「特色/アカ」だけが表示されています。
大量に隠れています↓

配置されたIllustratorのデータを開きます。

犯人の特色は、スウォッチに表示されています。

右隅に三角形がある特色マークです。

スウォッチオプションを開き、

カラータイプ→プロセスカラー

グローバルのチェックを外す

これでスウォッチの特色から、三角形マークが消えました。

つまり、特色はもうありません。

InDesignのページでも、特色のオブジェクトが消えました。

InDesignの分版でも、犯人の「特色/アカ」も消えました。

けどですね、スウォッチには幽霊が残っているんですよね。

幽霊だから影響ないけど、怖いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)