特定の見出しだけ、自動でスタイルをあてる裏技

ものすごく便利な裏技があります。

本文スタイルをあてるだけで、自動で見出しにもスタイルがあたります。

ただ、特定の語句の見出しだけです。

例えば、「答え」とか、「ポイント」とか、「チェックしようとか」、定型の語句だけ。


本文の段落スタイルの「正規表現スタイル」を使います。

ここで特定の見出しの語句を登録するだけ↓

 

正規表現スタイル→ ^[修理のコツ|理解のポイント|試験に出る|簡単な覚え方].+\r


自動で、文字スタイルがあたりました↓


見出しの段落を下げないときは、文字スタイルを段落スタイルに換えます。

まず、見出し用の段落スタイルを作ります↓


検索と置換を使います↓

①と②は↓


段落がなくなりました↓

“特定の見出しだけ、自動でスタイルをあてる裏技” への5件の返信

  1. ok!
    段落スタイルの本文に文字スタイルは( )の中を級下げする時などに使っていますが、他にもどんどん使っていくと良いですね。
    アイディア勝負!

    1. 段落スタイルの「正規表現スタイル」は、ものすごく便利な技です!
      さほど難しくないし。
      意味わかりますか?
      使えますか?

    1. この技があるので、編集者は気軽に「特定の文字だけ強調してくれ!」と指示できます。
      遠慮なく!
      あとで、全部元に戻して!と言っても、DTPの作業は簡単です!
      正規表現スタイルに登録するだけなので、気になる語句はなんでもかんでも強調!

oso へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)