〈中途半端な記事〉見出しの段落スタイルをつける順番

3つのタイプの見出しの段落スタイルをつけます。

  1. 扱いの小さい見出しから、級数だけで強弱をつける
  2. 書体を変える
  3. 飾りオブジェクトや罫線等は、最後に

まず、すべてのテキストに段落スタイルの「本文」をあてる。


3種類の見出しに強弱をつけます。

このとき、強弱の弱いものからデザインを施したほうが、混乱しにくく迷いにくい。


いつでも修正できるので、大雑把に↓


大きな見出しのデザインをします。

文頭に★マークを入れて、オブジェクトをコピーします↓ 


検索と置換をします↓


オブジェクトのアンカーの位置を調整します↓


オブジェクトと見出しの間を調整します↓


大見出しは、下のような出来上がり↓


次に中見出し。

段落境界線を入れて、左インデントを調整します。


見出しにインデントを入れます。


小見出しの「段落前のアキ」を広げます↓


とりあえず、こんな感じ。

ざっくり作業して、あとで修正する感じで↓


小見出しに数字を入れます。

番号は、オートメーションです←詳しい記事

ポイントは、番号の文字スタイル名のお尻に「ナンバリング」と入れること↓


小見出しの文頭に記号「◉」をつけます。

オブジェクトをコピーして、


ひとつめの記号「◉」だけ、検索と置換をかけます。

 


オブジェクトの位置を修正↓


位置修正が終わったら、オブジェクトスタイルに登録↓


オブジェクトをコピーして、検索と置換をします↓


見出しのインデントを修正↓

 


オブジェクトをコピーしてから、検索と置換で一気に変換します。


オブジェクトが入りました。

スクリプトをダブルクリックし↓

  


設定したのち、OKをクリック↓


ナンバリングされました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)