索引の作り方《Part1》日本語が多いときは、スクリプトを使う

索引を作る手順です。

2つの作り方があります。

《Part1》日本語が多いときは、スクリプトを使う

《Part2》英語が多いときは、索引機能を使う

ここでは、日本語が多いときのスクリプト編を説明します。まず、

《Part0》スクリプトをインストールしてください。

  1. 索引用に、InDesignの本文データを複製します。
  2. 「索引文字スタイル」という名前で、文字スタイルを作ります。

索引にしたい語句に、文字スタイルをあてます。

わかりやすいように、青い色をつけました。

スクリプトを実行します。

スクリプト名をダブルクリックするだけです。

InDesignのデータがあるフォルダに、原稿ができました。

データを開くと、

エクセルで五十音順にしますが「読み」を入力しないとと微妙に不正確なので、目視と手作業で修正します。

“索引の作り方《Part1》日本語が多いときは、スクリプトを使う” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)