質問→置換後の文字スタイルが標準になるのはなぜ?

質問は、

★^& 文字スタイル:標準
を置換結果に入れたときに、
(置換したい文字列)
★(その下の別の文字列) 文字スタイル:どちらも標準
となってしまいました。

うまくいく場所もあったのですが、うまくいかない場所との違いも分からず……

置換後、スタイルが「標準」になってしまうのはなぜ!ということかな?

Shimoの検索画面は、置換後の書式が「標準」になっています。

この「標準」を消して空欄にすると、元のスタイルが維持されます。

  1. 置換後の文字列を触ってから
  2. 「書式の削除」をクリックします。

「書式」が空欄になります。

置換後、元のスタイルが維持されます。

★ ★ ★

ほかの方法です。

空欄にしないで、スタイルを指定します。

置換後の文字列の空欄を触ってから「スタイル」を選び、

置換後のスタイルを選択します。

いかがでしょう?

Wordのスタイルに記号を付けたら、あとはプレーンテキストにしてInDesignに渡します。

そのため44は、置換後のスタイルについては考慮していませんでした。

説明不足だったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)