素人による正規表現の説明

検索と置換の正規表現の解説です。

素人なので、厳密には間違っていると思うのだけど。

まず、検索文字列。

ここで検索しているのは、「スペースがひとつ以上あって、その次に数字が来るもの」です。

正規表現の呪文は、

\s → スペースを表します。

{1,} → ひとつ以上という意味です。

\d → 数字です。

数字をスペースを半角のかっこ ( ) で囲みます。

(\s){1,}(\d)

全体の意味は、

①スペースがひとつ以上あって ←ひとつめの条件

②数字がある ←ふたつめの条件

半角のかっこ ( ) で囲むことによって、ふたつの条件に順番がつきます。

この順番が、次の「置換文字列」で活きてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)