[テキスト加工⑨]検索と置換は、スクリプトに仕込んでおく。

よく使う検索と置換は、スクリプトに登録します。

スクリプトに登録するためには、まず、クエリに保存します。

これ↓

検索と置換をスクリプトに仕込む方法です。

①検索と置換をしたら、クエリに登録

登録のしかた↓

クエリのカスタムをクリックすると↓

一覧が表示されます↓

②これらをスクリプトの「run_Queries123.jsx」に登録します。

「run_Queries123.jsx」は、下の記事の「run_Queries 0.3」をアレンジして別名保存したものです。

http://d.hatena.ne.jp/seuzo/20090518/1242630850

下の画面では「run_Queries123.jsx」ですが、ダウンロードした「run_Queries 0.3」をダブルクリックしてください。

下のような編集画面になります。

ここに、任意のクエリを入力します。

そして、別名で保存。

検索と置換のクエリの保存場所は↓

検索と置換のクエリの保存場所。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)