本文中の下線は、検索と置換を使うと簡単で間違いがないです。

Word原稿に引かれた下線があります。
例えばこれ↓

WordとInDesignの見出しをリンクすれば、配置するだけで処理できますが記事はこちら→」、まだまだそれは難しいという人向けの方法です。
作業手順は、

  1. Word側→検索と置換で、下線部分を{}で囲みます。
  2. InDesign→下線の文字スタイルを用意
  3. InDesign側→検索と置換で、{}に挟まれた文字に下線の文字スタイルをあてます。
  4. 全ページの下線が、一瞬で引かれます。

以下、具体的に説明すると↓

Wordの検索と置換で、書式→フォント

「下線」を選択します。

「次を検索」をクリック

図の①→②→③の順番でクリック

「置換後の文字列欄」に、{^&}と入力します。 下線部分を{}で囲むという意味です。

検索すると、

下線部の文字が、{}で囲まれました。

これをテキスト化して、InDesignに配置します。
InDesignの検索と置換では、

検索文字列欄→ ({)(.+)(})
置換文字列→$2
置換形式→下線の文字スタイル
変換されました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)