某書籍の実際の作業手順をメモりました。InDesignは、段取りが命。

某出版社の某書籍の実際の作業手順をメモりました(A5版/横組み/約370ページ/図版200点)。

InDesignは段取りが命です。

手順を守れば、半日で組み終わります(図版抜きの話です)。

【Word編】

①太字指定の文字を≦≧で挟む(112箇所)→挟み方はこちら→

②斜体指定の文字を∈∋で挟む(1箇所)

③小見出しの頭に〓をつける(143箇所)

④1行アキに記号「∃」をつける

⑤改ページ箇所に印「★★★」をつける

⑥メモは、⊂⊃に挟んで記入 →校正前に、検索と置換で削除します。

⑦®©にナニかをしたのだけど、思い出せない(140箇所)

⑦すべての図を削除

⑧テキスト化(文字化けさせないために、こちらの記事→

☺︎所要時間2時間半(まずまずやね)

 

【InDesign編】

1.全角英語→半角(403箇所)

2.見出しの数字1.1のピリオドをハイフンに

3桁のときの検索文字列 ^(\d+).(\d+).(\d+) →49箇所

2桁のときの検索文字列 ^(\d+).(\d+) →94箇所

3.1桁数字全角2桁以上半角

4.スクリプトrun_Queries123

5.行頭のスペースを削除(2,398箇所)

6.複数改行から単一改行(146箇所)

7.見出しの数字1ー1のハイフンを半角に

3桁のときの検索文字列 ^(\d+)ー(\d+)ー(\d+) →50箇所

2桁のときの検索文字列 ^(\d+)ー(\d+) →45箇所

8.中見出しの数字に▲印、見出し本文に△印をつける(50箇所)

検索文字列 ^(\d+-\d+-\d)\s*\r(.+?)

置換文字列 ▲$1\r△$2

9.大見出しの数字に■印、見出し本文に□印をつける(45箇所)

検索文字列 ^(\d+-\d+)S(.+?)(.+?)

置換文字列 ■$1\r□$2

10.見出しの■□▲△に段落スタイルをあてる

■と□(45箇所)

▲と△(50箇所)

11.図表のタイトルの数字の前に●印をつける

検索文字列 ([図|図表])\s*(\d)

12.図表のタイトルの「図表」と「図」の混在→表記統一(51箇所)

検索文字列 ^(図表)\s*(\d.+?) →134箇所

検索文字列 ^(図)\s*(\d.+?) →186箇所

13.G体(太字)≦≧の箇所に文字スタイルをあてる(112箇所)

検索文字列 (≦)(?s)(.+?)(≧)

14.®©に文字スタイルをあてる

15.中黒で始まる段落に段落スタイルをあてる

16. 図版スペースの挿入

17.図版タイトル入れ(今回は本文と分離)

☺︎所要時間6時間半。

想定外の手間1☹︎図版タイトル、見出しタイトルの表記を統一

想定外の手間2☹︎1行35字のデザインで、原稿は37字(原因究明と対策)

 

【次回への注意点】

①見出し、本文の強調文字等には、あらかじめ色をつけておくこと(校正しやすい)

②文頭、文中に空白スペースが残った

③半角/、~マーク、・・・等、妙な記号が残った

④1行アキ記号と改ページ記号を活用できず

⑤図版の配置で、オブジェクトスタイルを活用しきっていない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)