Wordの高度な検索と置換《超基本001》

Wordの「高度な検索と置換」は呪文のような記号で、魔法をかけます。

 

下の例文から、[ ]と[ ]に挟まれた文字を選択します。

[ ]は半角です。

この魔法は、とても役に立つ魔法です。


①「検索対象」に [ を入力しますが、検索されません↓

[ は、検索条件で使われる呪文なので、検索されないのです。

 

 


②そこで「検索対象」に呪文を足して \[ とすると、

[ が選択されました↓

\ は、検索対象であることを指示するための呪文です。

つまり [ ] を検索するには、呪文を足して、[ を \[ にし、] は \] です。

 

 


③「検索対象」に ? という呪文を足して、 \[?\] と入れると、

 [ ] と [ ] に挟まれた文字がひとつだけ選択されます↓

 \[?\] は、[ ]と[ ]に挟まれた文字をひとつ、という意味です。

 

 


④「検索対象」に \[??\] と入れると、 [ ] と挟まれた文字がふたつだけ選択されます。

 \[??\] は、[ ]と[ ]に挟まれた文字をふたつ、という意味です。

? の数だけ、文字数が増えます。

 

 


⑤「検索対象」に \[???\] と入れると、 [ ] と挟まれた文字がみっつだけ選択されます。

 \[???\] は、[ ]と[ ]に挟まれた文字をみっつ、という意味です。

 

 


⑥「検索対象」に \[*\] と入れると、 [ ] と挟まれた文字が数に関係なく選択されます。

 \[*\] は、[ ]と[ ]に挟まれた文字をゼロ以上、という意味です。

上の赤い枠で囲まれた箇所は、文字がないのに選択されました。

 

 


Wordの高度な検索と置換は、InDesignの正規表現と似ています。

本文組みで活躍する技です。

 

 


まとめ

  1. [ ] のように、選択されない記号がある。
  2. 選択されない記号には、前に \ をつける。例)\[
  3. ? → 任意の文字をひとつ ※任意の文字とは、なんでもいいから文字、という意味です。
  4. ? の数だけ、選択される文字が増えます。
  5. * は、任意の文字をゼロ以上、という意味です。

? * \ のような呪文を使って、高度な検索と置換をするという話なんですが、わかりますかね?

いまはまだ、雰囲気だけを感じてください。

“Wordの高度な検索と置換《超基本001》” への7件の返信

  1. OK!
    高度な検索と置換で原稿を整えてもらえるようになると、その後がスムーズですね!

    1. 目指しましょう!
      編集者が興味を持ってくれると一番いいのですが、得てして勧めれば勧めるほど嫌がられるものだから、「さりげなく」披露したいです。
      みんなが技を習得するまでは、宣伝しないほうがいいかも。

    2. ara/44

      見出しや本文強調、そのほか要素が多い手間のかかる本文ほど、活躍してくれます。
      まず、Shimoに覚えてもらいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG・JPG・GIF・PNG only)